2021年アモンズ「ジュエリートレンドリポート」

2021年にプレビューするアモンズ「ジュエリートレンドレポート」 
アイテム一つで視線をとらえる方法、平凡なルックにトレンディさを加える。
コロナのおかげでよく着るエスラジャルック。もう少しエッジの効いた着方はないか?
アモンズデータに基づいて予測する「2021ジュエリートレンド」
2021年のファッション全体の流れに応じて、ジュエリースタイリングはどのように変化するのか


ファッションの完成はジュエリーという言葉がある まるで基本料理に塩を加えるか、砂糖を加えるかによって料理全体の味が変わるように、最後に着用するジュエリーによってラブリーに、シックに、あるいはトレンディにまで演出できるという事実。 
2020年の一年間、アモンズがユーザーとブランドと直接コミュニケーションしたデータを中心に予測する2021ジュエリートレンド! 平凡なルックでもジュエリー一つだけでその日のルックが変わることができる。

DOUBLE RING
「ミックスマッチの面白さ、レイヤード」
普段着スタイリングが得意なことで有名なリョウォン、ソン·ダムビなどセレブの共通点があるとすれば?! レイヤードリングをぴったり消化するという点。 
名前を聞いただけで早くもかっこいい「ヒョリさん」から次世代トレンドリーダーとして浮上する画師に至るまで、まるで画報を連想させる彼らの日常ルックをよく見れば、必ず登場するアイテムが他ならぬレイヤードリングという事実を知っているだろうか。 
アモンズデータによると、2020年上半期に薄い指輪をレイヤードしたトレンドが、下半期になって徐々にボールドリングに変化していることが確認できる。 そして、そのボールドリングを 多様な方法で着用するまで。 ジュエリースタイリングが上手だという人は、普通ゴールドカラー同士で、シルバーカラー同士で合わせて着用するというスタイリングルールは、とっくに破られている。 一本の指にシルバー&ゴールドの組み合わせでミックス&マッチを自由自在に披露すれば、すでにあなたも知らないうちにトレンディなスタイリンググループの中に入っているという事実。 アモンズ使用者たちの好みに合わせていくとトレンドが分かる。

一つずつそれぞれはめても素敵なリングだが、まるで二つの指輪を一つの指輪のようにはめると、よりユニークで確実な存在感を加えることがもっとできるので、2021年S/Sはダブルリングでスタイリングに確実な存在感を加えてみてはどうか。 イエロー&ホワイトコンビカラーからつやだし&つや消しセットまで、ジュエリーセラックショップ「アモンズ」には様々なミックス&マッチを披露することができる魅力的な指輪が待っていることを覚えておこう。

ダブリングtype 1. コンビカラーでミックス&マッチルセイ、soft ring : 思わず外れたように少し飛び出て柔らかく仕上がったデザインが視線を引き付けるルセイのsoft ring。
ハンドメイドデザイナーブランドらしい完成度とユニークさが独歩的だ。 単独で着用してもディテールは素敵だが、コンビで着用時、よりドレスアップしたスタイリングに仕上がる。

ダブリングtype 2. モダン&マニッシュ
ラブオブザブッシュ、no carve dring_ gold. モダンでありながらマニッシュな艶消しテクスチャーをモダンで洗練されたラブオブザブッシュのシルバーリング。 一点だけ単独で着用しても、コンビで着用しても良いアイテムだ。 つや消しのテクスチャーで温かい印象を与え、ダブルリングをアンバランスな方向に着用するとよりおしゃれなスタイリングが完成できる。 基本デザインの上にモダンに仕上がったディテールが完成度を増してくれるので、毎日のように着用するデイリースタイリングから気にしていかねばならないフォーマルックにまで活用できる所蔵価値の高いアイテム。

 

ダブリング type 3. つや消しの組み合わせのクラシック

イオユースタジオ、グランマリング。ボールド&ダブリングの定石。 丸いシェイプの重みが感じられながらもベーシックなデザインなので気軽に挑戦しやすいダブルリングだ。 単独で着用しても、横指に着用しても、ダブルリングで一緒に着用しても良いというレビューが "simple is the best." ということを立証。 カラー感の違うコンビリングをレイヤードする場合は、よく見たかもしれないが、テクスチャーの質感の違う指輪同士でレイヤードする場合は珍しいので、つや消しの組み合わせのおしゃれさをよく見せてくれる指輪だ。 最もベーシックなスタイリングの上にトレンディな感性を気軽に加えることができる基本アイテム。

ダブリングtype 4.リバーシブル

「インオドル、sand wavering_silver、gold」 まるで海の上の波が通り過ぎたところに、自然と砂浜の上に刻まれた模様のように、非定型だがそれなりのルールが魅力的なインオドルのsand wavering。セット商品なので、その日の気分によって、並んで、または上下に向きを変えて着用しながら、様々なムードを演出できるというのが最大のメリットではないだろうか!

2021年各種ファッションショーで披露されている様々なスタイルとマッチ

してみても、2021年ジュエリースタイリングはミックス&マッチが正解。 コロナブルーによって多少落ち着いた日常を生きながら、いつかマスクなしで外出できる希望のある明日を待っているような雰囲気を表現するファッションショーの多様なコレクションからも確認できるように、2021年には楽で基本的なスタイリングが主流になると予測する。 それなら、指先に自分だけのユニークな感性を盛り込んだエッジポイントをダブルリングで加えてみてはどうか?

 

#POINT LOCK

「ロック装置の無限変身」

ミックス&マッチスタイルが急浮上しながら、ジュエリーにも前後の区分が薄くなってしまった。 ネックレスを戻して戻すのはもういらない.むしろ今では、そのようなロックをスタイリングアイテムとして見せるように演出するジュエリーが多くなり、これと共に典型的なトグルが始まったジュエリー仕上げ装置の変身が始まった。 フロントロックで便利さをプラスし、むしろおしゃれなムードをプラスする'ポイントロック'スタイル。 トグルバーからフック、そしてスクエアまで。 だんだんトレンドが深まり、今はブレスレットやネックレスにデザインが自然に繋がっているというが…。 初めて目にする時はどこか不慣れだが、よく見ているとこの上なくスタイリッシュなアイテムを紹介する

 

ポイントロック type 1. コーデックテッド ツーライン

スリウム、Connected 2linenecklace。3つのチェーンが繊細にミックスされたユニークネックレス。 基本シャツにすっきり着用するとクールでシックな感じが演出でき、まるでネックレス2つを着用したように軽くレイヤードされた薄いチェーンの組み合わせがモダンでありながらスタイリッシュなムードを演出する。

 ポイントロック type 2.ポイントロック トグル

マルタ、トグルブレスレット silver925 典型的なトグル仕上げ装飾の洗練されたコンビカラー感が引き立つマルタのシルバートグルブレスレット。 着けやすくトレンディな雰囲気を演出できるトグル仕上げ装飾にゴールドとイエローカラーの組み合わせであるため、実用性とスタイルの両方が解決できるトグルブレスレットの基本アイテム。

 

ポイントロック type 3. ラウンドスクエア

ララサラマ、Round Square Necklace アーモンドが一つ一つ繋がったようなイタリアシルバーチェーンのネックレス。 ララサラマのネームテックとオーバル型の仕上げの輪が飾りのようにつながり、まるでペンダントのような安心感を与えてくれる。 ベーシックなデザインだから、他のネックレスとレイヤードしてもいいし、単独で付けても十分存在感を生かせる。 刻印サービス提供

 

ポイントロック type 4. クリームカラートグル

ミッドナイトモーメント、cream ball bracelet、きれいで温かい魅力を持つクリームカラーで仕上げられたミッドナイトモーメントのcream ball bracelet。明るすぎず暗くもないソフトなクリームカラーと共にゴールドトグルバーの装飾は高級でありながらフェミニンなムードを加える。 寒い冬のニットとも春夏の薄いTシャツにもよく似合いそうな基本アイテムの一つ。

最初にロック装置が浮き彫りになったジュエリーと向き合えば多少馴染みがないかも知れないが、よく見ていると、そうでないジュエリーがむしろ退屈に感じられるというが…。 海外セレブからインフルエンサー、そして今は私の隣に座ったスタッフまで、基本的なデザインからトレンディなムードの演出まで、多様に変奏されているポイントロックデザインジュエリー。 2021年にもその歩みを期待したい。

 

#TWIST

「スタイリングの醍醐味、ツイスト」

上品でありながらトレンディなムードのジュエリーをお探しなら、2021年のキーワードは「ツイスト」。 単なる綺麗でフェミニンなムードではなく視線を引いて余韻を残すようなデザインがツイスト、ねじれデザインだ。 本来コイルが巻かれたようなデザインの指輪が人気を得ている上、ネックレスまで拡張され、現在はチェーンがだんだん果敢になっているところ。もっとも、デザイナーブランドのほとんどはハンドクラフトで直接製作するため、チェーンのシェイプが少しずつ違うという。 薄かったり太かったり、あるいはなめらかだったり、ラフだったり。 それぞれのチェーン店が持つ魅力とユニークさがある。 まるで反転の魅力が隠されている人であるかのように、一つのムードで自分のスタイルを決めたくなければ、2、3のムードを同時に演出できるツイストデザインの魅力にはまってみよう。

ツイストtype 1. スタイリッシュ非定型

ルセイ、Twist knot necklace ハンドメイドブランドらしいツイストのディテールがスタイリングポイントで良いネクリス。 シルバーの材質と軽い感じが完成度をアップさせる。 何気なく精巧にねじれたデザイン一つでスタイリッシュなムードを演出するのに十分。

ツイスト type 2. デニムキー ボリューム

シッシア、TWINE RING、両端がお互いを流麗に包み込む結び目状のリング。 シンプルな飾り付けとボリューム感が調和し、清潔ながらも優雅なムードを演出することができる。 指に触れる底面が丸くデザインされており、快適な着心地を与える、スタイルとフィット感ともに兼ね備えたイートアイテム。

 

大まかに着てもスタイリングセンスがアップするアイテムがあったら何だろう。 ウェアラブルなツイストシェイプが溶け込んだジュエリー一つなら、コロナ時代最適化されたアスレジャールックの上に何気なく羽織るだけでも十分トレンディなムードを演出できるのではないか。 2021年には、どことなく視線が止まるようになる魅力的なデザインジュエリーをスタイリングに積極的に活用してみてはどうだろうか。

 

RETRO STONE

「ニュートロ感性のポイントストーン」

年を重ねるごとに深まるニュートロファッショントレンド 今やそのトレンドの波がジュエリーまで染まった。 色とりどりの螺鈿で飾られたお婆さんの化粧台の引き出し。 取っ手を握って"ぽろぽろ"と開けるとどこかに置いてあるような多彩なカラーのストーンたちが2021年にはスタイリングを完成するアイテムになったとは、流行りは回り回るという言葉がやはり。きれいに落ちるリングの上を仕上げてくれるストーン。 昔はローズクォーツ、トルコ石などの典型的でクラシックなストーンが主に大衆に人気があったが、最近はニュートロムードの影響でまるでおばあさんセーターのボタンが思い浮かぶような水色、古いプラスチックのようなアンティークなムードが濃く付いているブラックオニックスのようなストーンが登場している。 何より、小さいけど十分魅力的なムードを表現するこのようなリングのおかげで#OOTDスタイリングの心配はもう終わり。

レトロストーン type 1. ゴールド+ブルージェイド

インオドール、potring_blue jade。無香無臭の無垢で摘要な香りを表現するブランドインオドール。 ユーザーの体臭にスミス本来の素敵さを追求するジュエリーを追求する。 程よくボールドなサイズの滑らかに細工されたゴールド色のリングの上にビンテージムードが濃く染み込んでいる青緑色のストーンの調和があまりにも美しい。 ユニークそうななじみのあるような、レトロなムードをシックにアレンジしたインオドールの定番リング。 リングの内側に刻印も可能。

 

レトロストーン type 2.カラーストーン

シーシアー,Rosoring。まるで童心をくすぐるようなカラーストーンが可愛らしく埋め込まれているシーシアーの「RosoRing」 指輪を初めて見た時は、荒いテクスチャーが子供のおもちゃのようでラブリーな魅力もあるが、着用してよく見ると、「*Gold Vermeil」という特殊高級メッキ技法により製作されたという完成度が確認できる。様々なカラーのストーンが選べる点、だからどのリングよりもユニークな魅力をキューに装着できる点が何よりデザイナーズブランドのジュエリーらしい魅力ポイント。

Gold Vermeil : シルバーの表面上に10K以上の金が2.5micron以上の厚さに上げられた高級メッキをいう。

 

レトロストーン type 3. リアレトロジェムストーン

グランブルー、petit gemring、まるで母親が20代に撮影したフィルムカメラの中の一場面の隅に見えるような指輪。 中央のレトロストーンからディテールに細工されたリングのディティール、ストーンを包み込む程よい大きさのオーバルデザインまで。 どれもレトロでないところのない指輪だ。 しかし、だからか着用した瞬間ヒップなビンテージムードを確実に見せることができてさらに魅力的でも。 最近インスタグラムでウィキミッキードヨンが着用して出てきてアモンズで大人気を集めたスタイリングアイテム。

レトロストーン type4. ブラック&ホワイトオニキス

マホガニー、Onyx Rectangle Ring ブラック&ホワイトの対比が確かだからか、レトロなムードを超えてモダンなムードまで感じられるマホガニーのOnyx Rectangle Ring。シンプルに仕上げられたシルバーリングの上に置かれた長方形の領域を溢れるように掌握しているブラックオニキスストーンの指輪なら、今年の冬どんなスタイリングに装着しても不自然でないトレンディなアイテムとしておすすめする。 フェミニンだったりシックだったり、トレンディーだったり、ラブリーだったり、それとも両方とも。

Christian Dior、Jil Sanderなどボールドなジュエリーがよく登場するブランドの多彩なコレクションを見ていると、自然に浮かび上がるジュエリーがまさにレトロストーンリング。 そっと近づいてきたレトロファッショントレンドが、今や染まっていないところがないほど、全てのファッションアイテムの中にくまなく訪れた2021年。 レトロな豊作がいつ訪れるか分からないので、今この瞬間、2021年に思う存分楽しんでみよう。

画像出典:Vogue Runway、アモンズショールーム(amondz showroom)

カテゴリ


ネックレス


リング


イヤリング


ブレスレット


メンズ


14Kゴールド


ネックレス


リング


イヤリング


ブレスレット


メンズ


14Kゴールド